無線LAN子機おすすめ5選 選び方も紹介します

無線LAN子機とは?

無線LAN子機とは、パソコンに接続して無線LANが使えるようにするための装置です。

USB端子に接続するタイプやLAN端子に接続できるものなどがあります。

無線LANに対応していないパソコンを無線LAN対応にできる他、古い無線LAN規格のパソコンで最新の無線LAN規格に対応できるようにします。

パソコンを使っていてこのような悩みがないでしょうか?

花子さん
花子さん

今使っているパソコンが無線LANに対応していないので、無線LANが使えるようにしたいわ!

太郎さん
太郎さん

パソコンの無線LANが最新の通信方式に対応していないので、最新の通信方式に対応できるようにしたいな!

今回は、読者の方のこのような悩みを解決していきたいと思います。

無線LAN子機の選び方

サイズで選ぶ

無線LAN子機には様々なサイズの製品があります。

・ノートパソコンに接続して使う場合、外出先などに持ち運ぶ機会が多い場合には、コンパクトなモデルがおすすめです。

・デスクトップパソコンに使う場合、通信感度を良くしたい場合などは、外部アンテナがあるモデルがおすすめです。

通信速度で選ぶ

無線LANの通信には、大きく分けて5GHzと2.4GHzの2種類があります。

通信規格を簡単に整理すると、このようになります。

・5GHzの通信規格:11a、11ac、11n

電子レンジやBluetoothなどの家電と違う周波数を使うため電波干渉に強いメリットがあります。

しかし、壁や床などの障害物に弱く、通信距離が長くなると電波が弱くなるのがデメリットです。

・2.4GHzの通信規格:11b、11g、11n

壁や床などの障害物に影響を受けにくく、通信距離が長くても比較的安定して通信できるメリットがあります。

電子レンジやBluetoothなどの家電が同じ周波数を使うため電波干渉には弱くなってしまいます。

(※11nは5GHz、2.4GHz両方の通信規格に対応)

外部アンテナの有無で選ぶ

外部アンテナがあると、電波の受信感度が上がり通信が安定しやすいというメリットがあります。

外部アンテナの角度を変えられるタイプの無線LAN子機であれば、通信が安定する角度にアンテナを調整することによって、より快適に無線LANを使用することができます。

しかし、外部アンテナによって無線LAN子機の本体が大きくなる、製品によっては隣のUSBポートを塞いでしまうなどのデメリットがあります。

通信を安定させて快適に使いたい場合には外部アンテナ有りの製品がおすすめです。

アンテナが外から見えない内部アンテナの製品もあります。

内部アンテナタイプは、本体サイズが小さくしやすいのでノートパソコンなどにつけたままでも気にならない大きさの製品もあります。

内部アンテナタイプは、アンテナの本数が多い製品の方が通信速度や安定性が向上します。

無線LAN子機おすすめ

TP-Link Archer T2U Nano

重量わずか5gのナノデザインの本体なので、目立つことなくパソコンに挿したままでも邪魔になりません。

ノートパソコンだけでなくデスクトップパソコンでも使用できます。

小さく軽いので、旅行や出張などで持ち運ぶ機会が多い方におすすめできる無線LAN子機です。

【仕様】

・無線LANタイプ IEEE802.11a/b/g/n/ac

・インターフェース USB2.0

・デュアルバンド ○

・周波数帯 2.4/5GHz

・セキュリティ規格 WPA2 WPA

・暗号化形式 WEP

・アンテナタイプ 内蔵

・対応OS Windows/Mac OS

・幅x高さx奥行 15×18.6×7.1 mm

・重量 5 g

TP-Link Archer TX3000E

遅延が少なくオンラインゲームなどの遅延にシビアな用途でも使用できるハイスペック無線LAN子機です。

無線の通信規格としてWi-Fi 6を採用し、ギガビットスピード以上の通信速度2402 Mbps (5 GHz) + 574 Mbps (2.4 GHz)を実現しています。

2本の外部アンテナと磁石付きのベースが付属しており、電波環境のよい最適な場所に設置可能です。

Bluetooth 5.0にも対応しているので、ヘッドセットなどを接続してハイスペックなゲーミング環境を構築できます。

本体はデスクトップパソコン用でPCI Expressが必要ですのでご注意ください。

対応OSはWindows 10 64ビットのみなのでご注意ください。

【仕様】

・無線LANタイプ IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax

・インターフェース PCI Express x1 USBピン端子

・デュアルバンド ○

・周波数帯 2.4/5GHz

・セキュリティ規格 WPA3 WPA2 WPA

・暗号化形式 WEP

・アンテナタイプ 外部

・対応OS Windows10 64ビット

・幅x高さx奥行 95.2×21.5×120.8 mm

バッファロー WI-U2-433DMS

パソコンなどのUSB端子に挿したままでも、飛び出し部分がわずか19mmで気になりにくい小型ボディーを採用しています。

ノートパソコンに無線LAN子機を挿したままでも快適に利用できます。

無線LAN親機から無線LAN子機へ複数のアンテナから電波を同時に届かせるビームフォーミングに対応しているので、遠距離での通信でも電波がよく届き通信速度を維持することができ、障害物が多い環境で使った場合でも安定した無線LAN通信ができます。

(※ビームフォーミングは無線LAN親機も対応している必要があります。)

【仕様】

・無線LANタイプ IEEE802.11a/b/g/n/ac

・インターフェース USB2.0

・デュアルバンド ○

・周波数帯 2.4/5GHz

・セキュリティ規格 WPA2 WPA

・暗号化形式 WEP AES TKIP

・アンテナタイプ 内蔵

・対応OS Windows/Mac OS

・幅x高さx奥行 33x18x8 mm

・重量 4 g

バッファロー WI-U2-433DHP

電波がよく届く高感度アンテナを搭載しているので、いままで電波が届かなかった場所でも無線LAN通信がしやすく、無線LAN親機から遠いところでも電波が繋がりやすいです。

アンテナは、電波の状況に合わせて向きを変えることができる可動式アンテナになっています。

無線LAN親機から無線LAN子機へ複数のアンテナから電波を同時に届かせるビームフォーミングに対応しているので、遠距離での通信でも電波がよく届き通信速度を維持することができ、障害物が多い環境で使った場合でも安定した無線LAN通信ができます。

(※ビームフォーミングは無線LAN親機も対応している必要があります。)

【仕様】

・無線LANタイプ IEEE802.11a/b/g/n/ac

・インターフェース USB2.0

・デュアルバンド ○

・周波数帯 2.4/5GHz

・セキュリティ規格 WPA2 WPA

・暗号化形式 WEP AES TKIP

・アンテナタイプ 外部

・対応OS Windows/Mac OS

・幅x高さx奥行 19x186x15 mm

・重量 20 g

TP-Link Archer T2U V3

無線LAN子機としてはコンパクト設計になっており、ノートパソコンなどに挿したまま使用する場合でも支障をきたすことは殆どありません。

ダブルショット成形により極上の手触りを追求した無線LAN子機なので、性能だけでなく見た目にもこだわりたい方におすすめできます。

【仕様】

・無線LANタイプ IEEE802.11a/b/g/n/ac

・インターフェース USB2.0

・デュアルバンド ○

・周波数帯 2.4/5GHz

・セキュリティ規格 WPA2 WPA

・暗号化形式 WEP

・アンテナタイプ 内蔵

・対応OS Windows/Mac OS

・幅x高さx奥行 41×8.7×19.5 mm

今回は無線LAN子機について紹介しました。

花子さん
花子さん

無線LAN子機を使ってパソコンで無線LANを使えて助かったわ!

太郎さん
太郎さん

無線LAN子機を使って最新の無線LANに対応できたので、通信速度が早く快適になったよ!

皆様のお役に立てれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとう御座いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました