【デジカメ】写真が上手くなりたいならネットを使え!

今回は、写真が上手くなりたいならネットを使え!というテーマでご紹介します。

ネットにはたくさんの情報がありますが、写真が上達したい人に役立つ情報がたくさんあります。

スマホで簡単に読むことができるので、通勤・通学時間などを使って写真が学べます。

情報が豊富で常にアップデートされているので、最新情報が無料で読めるというメリットもあります。

写真上達に役立つホームページをブックマークするだけで写真上達に役立つ情報が集められますので、ぜひ活用してください。

カメラメーカーのホームページ

カメラメーカーのホームページは情報が豊富です。

プロカメラマンによる簡単な解説と作例が掲載されていることが一般的です。

例えば、自分が風景写真をうまくなりたいなら、風景写真の部分だけを選択して読むことができます。

カメラメーカーのホームページには、風景写真・鉄道写真・人物写真などいろいろなジャンルについて掲載されていますので、自分がこのジャンルの写真を撮影したいという場合、カメラメーカーのホームページを見れば情報が掲載されている場合が多いです。

SONY

https://www.ソニー.jp/ichigan/a-universe/news/

テーマごとに豊富に情報や作例が掲載されています

自分が撮影したいテーマを選んで読み進むことができるようになっていて、とても便利です。

作例が綺麗で豊富なので、作例だけでも見てほしいです。

自分もこういう写真が撮影したいという綺麗な写真があると思うので、そういった写真を真似してみるのも良いと思います。

無料で写真撮影上達に役立つ情報がたくさんありますよ。

キャノン

https://cweb.キャノン.jp/eos/special/beginner/

キャノンのカメラ初心者教室のホームページを紹介します。

まずは、自分が綺麗だなと思った写真をクリックしてください。

そうすると、カメラの設定からレンズの選び方、構図の説明まで役立つ情報がでてきます。

こう撮影すればこの写真が撮影できるのか?という気付きがたくさんあると思います。

こういう写真を撮影したいなという作例があれば、まず説明をよんで実際に真似してください。

写真撮影テクニックがワンランクアップすると思います。

カメラ初心者のための「写真の撮り方」ガイド

カメラ初心者のための「写真の撮り方」ガイド | キヤノンイメージゲートウェイ
初めて買った一眼レフやミラーレスカメラ。お子さんの成長記録からSNSで「いいね!」がもらえるオシャレな写真まで、ちょっとした撮り方のコツを覚えるだけで、写真がぐーんとステキになりますよ。さあ、始めましょう!

キャノンのカメラ初心者のためのホームページです。

作例をクリックすると撮影方法の解説が出てきますので、まずは自分が綺麗だなと思った作例をクリックしてください。

そして撮影方法をホームページで学んで、実際に撮影して作例と自分の写真を比較する。

このサイクルで写真テクニックを上達させて、写真撮影を楽しみましょう。

ニコン

https://www.ニコン-image.com/enjoy/phototech/recipe/

好きな写真の「撮り方」レシピというホームページに写真撮影テクニックがまとめられています。

写真ジャンルごとに撮影テクニックのワンポイントアドバイスと作例が掲載されています。

例えば自分が人物写真を撮影したいのであれば、人物撮影の記事から読むことをおすすめします。

必要な機材から撮影のコツまで一通り解説されていますので、プロカメラマンの作例と自分の写真を比較しながら写真撮影テクニックを上達させることが出来ます。

その他

最近は、インターネットとくにユーチューブで写真撮影テクニックを紹介した動画がたくさん出ています。

ホームページを読むだけではわかりにくいことが動画を見ながらだとよく分かることがありますので、ユーチューブは活用をおすすめします。

ユーチューブであれば、ちょっとした空き時間にスマホで見ることができるので便利です。

おすすめはプロカメラマンが動画解説していますので、プロカメラマンの動画を見ることです。

プロカメラマンの動画が何が良いのかというと、作例が明らかにレベルが高いことです。

そういったプロカメラマンが、この写真はこうやって撮影しましたという撮影風景まで含めて解説してくれているので、実際に真似して写真撮影上達に役立てていきましょう。

まとめ

花子さん
花子さん

写真撮影テクニックを紹介したホームページってたくさんあるのね?

スマホから見ることが出来て便利そうだわ!

太郎さん
太郎さん

最近は、ユーチューブでも写真撮影を学ぶことができます。

情報はたくさんありますので、基本を学んで写真撮影を楽しみましょう。

最後まで読んでいただきありがとう御座いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました