動画を速く書き出したい~高性能パソコンのオススメ

最近はユーチューブ動画作成などの動画編集を楽しんでいる方も多いと思います。動画編集ソフトとしてはアドビプレミアが一般的ではないでしょうか?アドビプレミアには一般向けのアドビプレミアエレメンツとクリエイター向けのアドビプレミアプロがあります。アドビプレミアエレメンツを使う場合、動画の書き出しにはCPUを使うため、高性能パソコンが必要になります。そこで今回はパスマークCPUスコア15,000以上でオススメ高性能パソコンを選んでみました。

1.ASUS ROG HURACAN G21CX G21CX-I7R2070

CPUにCore i7-9700K、グラフィックボードにGeForce RTX 2070を搭載したゲーミングパソコンです。動画書き出しには十分以上の性能があると思います。

【スペック】

CPU種類:第9世代 インテル Core i7 9700K(Coffee Lake Refresh)

メモリ容量:16GB

ストレージ容量:HDD:1TB/SSD:256GB

OS:Windows 10 Home 64bit

2.ASUS ROG HURACAN G21CX G21CX-I9R2080

CPUにCore i9-9900K、グラフィックボードにGeForce RTX 2080を搭載したゲーミングパソコンになります。高性能パソコンにふさわしい部品構成になっています。

【スペック】

CPU種類:第9世代 インテル Core i9 9900K(Coffee Lake Refresh)

メモリ容量:32GB

ストレージ容量:HDD:2TB/SSD:512GB

OS:Windows 10 Home 64bit

3.ASUS ROG Strix GL10DH GL10DH-R7R2070

CPUにAMD Ryzen 7 3800Xを使用したパソコンです。AMDのRyzen 7シリーズは高性能なのに値段が安くコストパフォマンスが良いです。

【スペック】

CPU種類:第3世代 AMD Ryzen 7 3800X

メモリ容量:16GB

ストレージ容量:SSD:512GB

OS:Windows 10 Home 64bit

4.Adobe Photoshop Elements & Premiere Elements 2020(最新)|通常版|パッケージ版|Windows/Mac対応

アドビプレミアエレメンツ2020の紹介をします。アドビプレミアエレメンツは動画編集で一般的に使用されているソフトになります。ユーチューバーの方でもアドビプレミアエレメンツや高性能版のアドビプレミアプロを使っている方が多いです。アドビプレミアエレメンツとアドビフォトショップエレメンツのセット製品が安くておすすめです。

5.今すぐ使えるかんたん Premiere Elements 2019

アドビプレミアエレメンツの参考書としては、技術評論社の今すぐ使えるかんたん Premiere Elements 2019がわかりやすくてオススメです。この本の良いところは、自分がやりたいことから調べられることです。例えばですが「2つの画像を並べて再生する・・・114ページ」のような目次構成になっています。実践的に使えて役立ちます。ただしプレミアエレメンツ2020版がまだ出版されていないため、参考程度にしてください。

以上、動画を速く書き出したい~高性能パソコンのオススメでした。

このブログでは皆様のお役に立てる情報を発信していきますので、読者登録・ブックマーク登録等おねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました