名刺スキャナーおすすめ7選 選び方や便利な機能を紹介します

名刺スキャナーとは?

(出典:Amazon)

名刺スキャナーとは、名刺をスキャンしてデジタルデータに変換してくれる装置です。

名刺をデジタルデータに変換することでパソコンから検索できるようになり、外出先でもスマートフォンなどから確認することができるようになります。

このように使うと便利な名刺スキャナーですが、製品選びにこんな悩みは無いでしょうか?

花子さん
花子さん

場所を取らないコンパクトな名刺スキャナーはあるのかしら?

太郎さん
太郎さん

名刺スキャナーの機能を詳しく知りたいな?

今回は、このような悩みを解決していきたいと思います。

名刺スキャナーの選び方

名刺スキャナーのタイプで選ぶ

名刺スキャナーには大きく分けて「モバイルタイプ」「据え置きタイプ」がありますので、それぞれの特徴を紹介します。

モバイルタイプ

(出典:Amazon)

名刺のスキャンに特化したタイプの製品で小型軽量なのが特徴です。

外出先での使用も考慮されており、バッテリー駆動できたりモバイルバッテリーとUSB接続できる製品もあります。

名刺スキャナーの大きさは名刺サイズより少し大きいくらいで、重量も100g程度の製品もあります。

場所を取らず使用しない時は机の引き出しにしまえるサイズで非常に便利です。

据え置きタイプ

(出典:Amazon)

据え置きタイプの名刺スキャナーは、「A4用紙」「はがき」「名刺」など様々な大きさの書類をスキャンすることができます。

オフィスでA4サイズの請求書や納品書などのビジネス文章のスキャンや、ご家庭で年賀状や暑中見舞いなどのはがきのスキャンなどもでき便利です。

タッチパネル搭載モデルであれば、パネルに表示されたボタンをタッチするだけの簡単操作なので、オフィスやご家庭での使用にも便利です。

A4用紙対応の名刺スキャナーは設置サイズが大きいため、購入前に設置場所の確認をしましょう。

スキャン速度で選ぶ

名刺スキャナーを選ぶ時は、スキャン速度を確認しましょう。

名刺を数枚スキャンする程度であればスキャン速度はそれほど気になりませんが、大量の名刺をデータ化したい場合はスキャン速度が速いほうが作業効率がよくなりおすすめです。

名刺スキャナーを使用するシーンにあわせて製品を選びましょう。

スキャン枚数で選ぶ

(出典:Amazon)

名刺スキャナーを選ぶ時は、スキャン枚数を確認しましょう。

名刺を数枚スキャンする程度であれば1枚ずつ手作業でスキャンできますが、大量に名刺スキャンする場合は自動給紙方式(ADF)の名刺スキャナーがおすすめです。

自動給紙方式(ADF)とは文字通り名刺をスキャナーにまとめてセットしておけば、名刺スキャナーが自動で名刺送りとスキャンを実行してくれる機能で、名刺交換が多い場合におすすめです。

アプリ連携機能で選ぶ

名刺スキャナーを選ぶ時はアプリ連携を確認しましょう。

スキャンした名刺データをクラウドサービスと連携させれば外出先からも名刺データを確認できて便利です。

名刺データを社内で共有したい場合にもアプリ連携機能をチェックしましょう。

読み取り精度で選ぶ

名刺スキャナーを選ぶ時は読み取り精度で選びましょう。

名刺スキャナーは、OCRという機能を使用して名刺に印刷された文字をコンピューターが利用できるデジタルの文字コードに変換します。

名刺スキャナーの読み取り精度が高いとデータを修正する手間が省けるため、「Word」「Excel」などのオフィスソフトやグループウェアなどで情報登録がしやすくなります。

海外企業の方と仕事をする機会が多い方であれば対応言語を確認しましょう。

おすすめ名刺スキャナー

PFU ScanSnap iX100 FI-IX100A

高性能薄型バッテリー搭載により400gと軽量で電源ケーブル不要なため外出先での使用に便利です。

パソコンやスマートフォン、タブレットとWi-Fi接続して使用できるため、外出先や出張などで便利です。

名刺を2枚同時読み取りするデュアルスキャン」機能により、すばやい電子化をサポートします。

原稿サイズA4/はがき/名刺/レシート
OCR(文字認識)
クラウド連携
スマホ連携
幅x高さx奥行き273x36x47.5 mm
重量0.4 kg

PFU ScanSnap iX1500 FI-IX1500

目的にあわせて読み取り設定を自分用にカスタマイズできるため、アイコンを選んでスキャンボタンをワンタッチするだけで整理や活用などをスムーズに行うことができます。

ユーザーごとのタッチパネル設定を色で識別できるため、オフィスで複数人で使用する場合やご家族での使用する場合に便利です。

付属アプリにより「読み取りデータ検索」「傾き補正」「オフィスデータやPDF変換」などが出来るため、データ活用がスムーズで整理の手間が省けます。

A4用紙を毎分30枚・60面読み取りでき、用紙を最大50枚までセット出来るため、スキャン作業が軽減でき作業が効率化できます。

原稿サイズA4/はがき/名刺/レシート
OCR(文字認識)
クラウド連携
スマホ連携
自動給紙方式(ADF)
重送検知機能
幅x高さx奥行き292x152x161 mm
重量3.4 kg

CANON imageFORMULA DR-C230

A4用紙を毎分30枚・60面読み取りでき、用紙を最大60枚までセット出来るため、スキャン作業が軽減でき作業が効率化できます。

「名刺」「プラスチック製カード」「エンボス加工カード」「免許証」「ICチップ付きパスポート」などもスキャンできるため、幅広い業務で作業が効率化できます。

「用紙サイズ自動検知」「斜行補正」「白紙スキップ」「文字向き検知」などスキャンで便利な機能を搭載しており、スキャン失敗が減るため業務が効率化できます。

よく使うスキャン設定を登録できデータ生成・仕分けを効率的するアプリが付属するため、作業が効率化できます。

原稿サイズA4/名刺
重送検知機能
両面読み取り
幅x高さx奥行き291x231x253 mm
重量2.8 kg

EPSON DS-571W

A4用紙を毎分35枚・70面読み取りでき、用紙を最大50枚までセット出来るため、スキャン作業が軽減でき作業が効率化できます。

「名刺」「レシート」「輸送伝票」など幅広い用紙に対応しているため、業務が効率化でき便利です。

ホチキスで止めた原稿を読み取るとスキャンを停止する原稿保護機能を搭載しているため、原稿が破れたり紙詰まりする心配がなく作業効率が上がります。

スキャンデータをパソコンを使用せずスマートフォンやタブレットに保存できるため、出張や旅行先でデータを使用したい場合に便利です。

原稿サイズA4/はがき/名刺/レシート
OCR(文字認識)
スマホ連携
自動給紙方式(ADF)
重送検知機能
両面読み取り
幅x高さx奥行き296x176x169 mm
重量3.7 kg

EPSON ES-60WW

重量約300gのコンパクトサイズのためスペースが限られた場所でも快適にスキャン作業ができ、使用しない時は机の引き出しにしまえるためオフィスやご家庭での使用に便利です。

スイッチや操作パネルがまとめて配置されていてわかりやすいため、作業が慣れていない方でも安心して使用できます。

リチウムイオンバッテリー搭載でA4原稿を約300枚スキャン可能なため、出張や旅行先での使用に便利です。

スキャンデータをパソコンを使用せずスマートフォンやタブレットに保存できるため、出張や旅行先でデータを使用したい場合に便利です。

原稿サイズA4/はがき/名刺
クラウド連携
スマホ連携
自動給紙方式(ADF)
幅x高さx奥行き272×33.8×47 mm
重量0.3 kg

ブラザー ジャスティオ ADS-1700W

よく使うスキャン設定をホーム画面に登録してボタン操作で自動化できるため作業が効率化し時間が節約できます。

A4用紙を毎分25枚・50面読み取りでき、用紙を最大20枚までセット出来るため、スキャン作業が軽減でき作業が効率化できます。

カードスキャン専用のスロットを搭載しており、「名刺」「運転免許証」「保険証」などの両面読み取りが簡単にできるため、店舗やカウンター業務などに便利です。

スキャンデータをパソコンを使用せずスマートフォンやタブレットに保存できるため、出張や旅行先でデータを使用したい場合に便利です。

原稿サイズA4/はがき/名刺
自動給紙方式(ADF)
両面読み取り
幅x高さx奥行き300x83x103 mm
重量1.41 kg

キングジム ピットレック DNH20

本体に名刺をセットしシャッターアイコンをタップするだけで名刺を画像として保存でき、「会社名」「氏名」「電話番号」などをOCR機能で自動でテキストデータ化し登録でき、名刺管理が効率的に行え便利です。

手書きメモ機能で名刺交換した相手の細かな情報や商談内容などを記録できるため、名刺の整理に役立ちます。

本体に4~16桁のパスワードを設定できるため、外出先での使用でもセキュリティー保護できて安心です。

原稿サイズ名刺
OCR(文字認識)
幅x高さx奥行き128x15x72 mm
重量0.119 kg

今回は名刺スキャナー紹介しました。

花子さん
花子さん

コンパクトな名刺スキャナーが見つかってよかったわ!

太郎さん
太郎さん

名刺スキャナーの詳しい機能がわかって目的にあった製品を選べたよ!

皆様のお役に立てれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとう御座いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました