ドローンおすすめ10選 製品の選び方も紹介します

ドローンとは?

ドローン(出典:Wikipedia)

ドローンとはプロペラを搭載した小型無人航空機です。

リモコンのよって操縦することができ小型カメラを搭載しているため、個人でも空撮写真や空撮動画を撮影することができます。

安価な製品も登場し一般的に普及し始めたドローンですが、選び方にこのような悩みは無いでしょうか?

花子さん
花子さん

ドローンにはどのような種類の製品があるのかしら?

太郎さん
太郎さん

ドローンを選ぶ際のポイントを詳しく知りたいな?

今回はこのような悩みを解決していきたいと思います。

ドローンの選び方

ドローンの種類や重量で選ぶ

ドローンの選び方には、種類や重量で選ぶ方法があります。

ドローンは「トイドローン」「空撮ドローン」「産業用ドローン」の3種類がありますので、それぞれ紹介します。

ドローンの飛行ルールは国土交通省のホームページに記載がありますので確認しておきましょう。

航空安全:無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール - 国土交通省
国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。

トイドローン

ドローンのうち重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)が200g未満のものがトイドローンに分類されます。

トイドローンは特別な免許は不要で初心者の方でも気軽に操縦や空撮が楽しめます。

飛行禁止区域として「空港周辺」「150m以上の上空」「人家の密集地域」などが定められていますので注意してください。

スマートフォンやタブレットに対応したドローンや自動追尾機能などを搭載したドローンは扱いやすく初心者の方でも安心です。

ドローンを使って自撮り写真や動画を撮影してSNSに簡単にアップロードできます。

空撮ドローン

重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)が200g以上のドローンで高性能カメラを搭載したものが空撮ドローンです。

操作可能距離が長く山や海などで広大な自然の風景を撮影したい場合やイベントの記念動画を撮影したい場合などの最適です。

200g以上のドローンを飛行させるには航空法が適用になり、「無人航空機飛行許可申請」が必要になりますので注意しましょう。

産業用ドローン

産業用ドローン(出典:Amazon)

産業用ドローンは農業や建設業などで使用され、大型で飛行時間が長い特徴があります。

農業では農薬散布用ドローンが有名で広い田畑に短時間で効率よく農薬散布できます。

建設業では、ドローンで三次元点群データや空撮写真により測量に使用されています。

産業用ドローンは自動操縦が可能な製品があり、アプリで飛行ルートを事前に作成し飛行させることができるため、安全で正確な業務が可能です。

200g以上のドローンを飛行させるには航空法が適用になり、「無人航空機飛行許可申請」が必要になりますので注意しましょう。

ドローンの機能で選ぶ

自動追尾機能で選ぶ

自動追尾機能とはドローンのカメラに写っている被写体をドローンが自動で追いかけながら撮影する機能です。

ロードバイクやスキーなどのスポーツをしている自分を撮影したり、野生動物を自動追尾して行動を動画に記録したりダイナミックな撮影が可能です。

障害物検知機能で選ぶ

障害物検知機能とは、ドローンで障害物を検知した場合に自動的に停止し衝突を回避できる機能です。

カメラ映像や超音波センサーを用いて障害物を検知して衝突を防ぐことができるので安全性が高くなります。

自動帰還機能で選ぶ

自動帰還機能(RTH機能)とはコントローラーのボタンを押すことで所定の位置にドローンを帰還させることができる機能のことです。

ドローンを自動で安全に帰還させることができドローンがコントローラーの電波を受信できない場合も自動帰還する製品もあるので安全性が向上します。

GPS機能で選ぶ

GPS機能があるドローンは、位置情報をもとにホバリングできたり事前に作成したルート通りに飛行させることができます。

GPSは人工衛星からの電波を受信するため見通しがよい屋外で使用する場合に有効で、山間部などでは木の陰などでGPSの電波が遮られて使用できない場合があり注意が必要です。

農薬散布する場合や測量する場合などに役立つ機能です。

スマホ/タブレット対応で選ぶ

スマホ/タブレット対応のドローンであれば、ドローンで撮影した映像をスマホで確認しながら操縦できるため、カメラ視点の操縦感覚が楽しめます。

スマホにアプリをインストールして使用すれば、ドローンに決められた撮影をワンタップで設定できるためさらに簡単な操作が可能です。

撮影した写真や動画をスマホ/タブレットからSNSに簡単にアップロードできます。

おすすめドローン

DJI Mavic Mini Fly More コンボ

重量は200g以下で一般的なスマートフォンと同程度のため、手軽に持ち運べ安全性が高い重量です。

付属アプリにより直感的に操作でき映画のような映像を作成でき、飛行チュートリアルを使用すれば初心者でもすぐにドローンを飛行させることができます。

ドローンにプロペラガードを装着することでプロペラを保護できるため安全性が高くなり、高性能センサーにより正確なホバリングが可能です。

撮影した動画は付属アプリで簡単に編集でき映像編集の経験がなくてもSNS映えする映像を作成できます。

カメラ搭載有無標準
動画解像度2720×1530
飛行時間18 分
操作可能距離2000 m
対応OSiOS 10.0以降/Android 6.0以降
スマホ/タブレット対応
Wi-Fi内蔵
自動帰還
GPS
GLONASS
折りたたみ
障害物検知
自動追尾機能
全長x全幅x全高160x202x55 mm
重量199g(バッテリーとプロペラ含む)

DJI Mavic Air 2 Fly More コンボ

4K/60fps動画撮影を手軽に行えるため映像制作に最適なドローンで、ハイクオリティなコンテンツ制作が可能です。

1/2インチCMOSセンサーを搭載しているため48 MPの心に残る写真撮影ができ、作品制作や広告写真作成などに活用できるドローンです。

パノラマモードを搭載しているため、鮮明な色合いで感動的な風景を記録できます。

ドローンにインテリジェント撮影機能を搭載しており、映画のワンシーンのような迫力ある映像をスマホ画面をタップするだけで撮影可能です。

カメラ搭載有無標準
動画解像度3840×2160
飛行時間34 分
操作可能距離6000 m
対応OSiOS 10.0以降/Android 6.0以降
スマホ/タブレット対応
Wi-Fi内蔵
自動帰還
GPS
GLONASS
折りたたみ
障害物検知
自動追尾機能
全長x全幅x全高183x253x77 mm
重量570g

DJI DJI Mini 2 Fly More コンボ

ドローンの重量は199g以下で手のひらサイズのためコンパクトで使用しやすく旅行先などに携帯して気軽に空撮ができます。

直感的に使用できる最新機能を搭載したドローンのため、一人でビーチで撮影したり家族で集まって撮影する場合に安全かつ簡単に操作できます。

最大18分の飛行時間があるためベストショットを撮影できる構図を決めるのに十分な時間があり、納得できる写真や動画を撮影できます。

風速29〜38 km/hの風にも耐えることができ最高高度3,000 mまで飛行できるので、海岸線や高山などの風が強い環境でも安定した撮影ができ、ブレの少ない綺麗な写真や動画撮影ができます。

カメラ搭載有無標準
動画解像度3840×2160
飛行時間18 分
操作可能距離6000 m
対応OSiOS 10.0以降/Android 6.0以降
スマホ/タブレット対応
Wi-Fi内蔵
自動帰還
GPS
GLONASS
折りたたみ
障害物検知
自動追尾機能
全長x全幅x全高159x203x56 mm
重量199g(バッテリーとプロペラ含む)

DJI Mavic 2 Pro

Hasselbladカメラを搭載しているため映画や広告で使用できるハイクオリティな写真や動画撮影が可能で、映像制作などの業務で使用できます。

1インチ CMOS センサーを搭載しておりISO上限値は12800まで使用できるため夕暮れや光が少ない環境での撮影でもハイクオリティな写真撮影や動画撮影ができます。

10-bit Dlog-Mカラープロファイルに対応しておりハイライトとシャドーどちらに部分も詳細な色彩情報を保持するため、ドローンによる空撮を利用した写真作品制作や広告写真作成などに活用できます。

4K10bitハイダイナミックレンジに対応した動画撮影が可能なため画質調整機能を搭載した4Kディスプレイでカラートーンを正確に再現した映像を確認でき、メリハリがあるコントラストの美しい映像が楽しめます。

カメラ搭載有無標準
動画解像度3840×2160
飛行時間31 分
操作可能距離5000 m
対応OSiOS 9.0以降/Android 5.0以降
スマホ/タブレット対応
Wi-Fi内蔵
自動帰還
GPS
GLONASS
折りたたみ
障害物検知
自動追尾機能
全長x全幅x全高322x242x84 mm
重量907g

DJI Mavic 2 Zoom

焦点距離24~48mmの光学式2倍ズームカメラを搭載しており、広角撮影から標準画角撮影まで幅広い撮影に対応できます。

Hasselbladカメラを搭載しているため映画や広告で使用できるハイクオリティな写真や動画撮影が可能で、映像制作などの業務で使用できます。

1インチ CMOS センサーを搭載しておりISO上限値は12800まで使用できるため夕暮れや光が少ない環境での撮影でもハイクオリティな写真撮影や動画撮影ができます。

10-bit Dlog-Mカラープロファイルに対応しておりハイライトとシャドーどちらに部分も詳細な色彩情報を保持するため、ドローンによる空撮を利用した写真作品制作や広告写真作成などに活用できます。

4K10bitハイダイナミックレンジに対応した動画撮影が可能なため画質調整機能を搭載した4Kディスプレイでカラートーンを正確に再現した映像を確認でき、メリハリがあるコントラストの美しい映像が楽しめます。

カメラ搭載有無標準
動画解像度3840×2160
飛行時間31 分
操作可能距離5000 m
対応OSiOS 9.0以降/Android 5.0以降
スマホ/タブレット対応
Wi-Fi内蔵
自動帰還
GPS
GLONASS
折りたたみ
障害物検知
自動追尾機能
全長x全幅x全高322x242x84 mm
重量905g

Ryze Tech Tello

スマートフォン操作に対応しており初心者でもアプリを使用して簡単操作ができるためき安心して使用できます。

飛行時間は最大13分あるため長時間の動画撮影も可能でドローン本体にアンテナを2本搭載しているため安定した動画伝送が可能で、スマートフォンからリアルタイムで動画撮影を確認できます。

複雑な動画撮影もアプリをタップするだけで行えるため、初心者の方でも映画のようなハイクオリティな動画撮影が可能です。

ドローンに高画質映像プロセッサーを搭載しているためハイクオリティな動画撮影が簡単にできるため、撮影した動画をスマートフォンから簡単にSNSにシェアできます。

カメラ搭載有無標準
動画解像度1280×720
飛行時間13 分
操作可能距離100 m
対応OSiOS 9.0以降/Android 4.4以降
スマホ/タブレット対応
Wi-Fi内蔵
自動帰還
GPS
GLONASS
折りたたみ
障害物検知
自動追尾機能
全長x全幅x全高
重量87g(プロペラガードを含む)/80g(プロペラ・バッテリーを含む)

Ryze Tech Tello Boost コンボ

最大13分の飛行時間で最大飛行距離100mの初心者向けのドローンで1280Pixel✕720Pixelの写真撮影や動画撮影ができるため、はじめてのドローンにピッタリの製品です。

高画質動画プロセッサーを搭載しているため滑らかで綺麗な写真撮影や動画撮影が可能で、ドローンで撮影した空撮映像をスマートフォンからSNSなどに簡単にシェアできます。

ドローン本体にはソフトウェアやハードウェアの保護機能が搭載されており、プロペラをガードするプロペラプロテクションが搭載されているため、故障や破損が少なく初心者でも安心して操作できます。

カメラ搭載有無標準
動画解像度1280×720
飛行時間13 分
操作可能距離100 m
対応OSiOS 9.0以降/Android 4.4以降
スマホ/タブレット対応
Wi-Fi内蔵
自動帰還
GPS
GLONASS
折りたたみ
障害物検知
自動追尾機能
全長x全幅x全高
重量87g(プロペラガードを含む)/80g(プロペラ・バッテリーを含む)

ジーフォース INGRESS GB080

重量わずか182gの航空法対象外のトイドローンでありながらGPSセンサーを搭載しており、ホバリングなどの自立安定性を実現しており自動帰還なども可能なため初心者でも扱いやすいです。

地図をタップして飛行ルールを作成するマルチポイントモードや自分の周囲を旋回して自撮り撮影bができるサークルフライトモード、自分に追従して撮影できるフォローミーモードなど初心者でも扱いやすい機能が搭載されています。

コントローラーはWi-Fi接続に対応しておりスマートフォンにカメラ映像をリアルタイムで表示可能なため、狙ったアングルからの空撮が簡単にできます。

飛行モードは安全性が高く初心者にも優しい「最大飛行距離30m/最大飛行高度30m」モードと、広範囲を飛行できる「最大飛行距離300m/最大飛行高度120m」モードを搭載しており、利用者のスキルレベルにあわせた飛行モードで安全かつ快適な空撮が可能です。

カメラ搭載有無標準
動画解像度1920×1080
飛行時間13 分
操作可能距離300 m
対応OSiOS 7.0以降/Android 4.1以上
スマホ/タブレット対応
Wi-Fi内蔵
自動帰還
GPS
GLONASS
折りたたみ
障害物検知
自動追尾機能
全長x全幅x全高162x162x52 mm
重量182g

ジーフォース GRANFLOW

ドローンにフロントカメラとボトムカメラの2つのカメラを搭載しているため、「斜め」「真上」など多彩な角度から空撮でき写真撮影や動画撮影のバリエーションが広がります。

ドローンのボトムカメラを使って自動的にドローンの姿勢制御ができるため、安定したホバリングが可能で機体の操縦が安全に行なえます。

ドローンと付属品を収納できるキャリングケースが付属しているため、外出先や旅行先に持ち運んで気軽に空撮が楽しめます。

スマートフォンからドローンの映像を確認可能でカメラ切り替えもできるため、思い通りの映像撮影をスマートフォンから簡単に行なえます。

カメラ搭載有無標準
動画解像度1280×720
飛行時間12 分
操作可能距離60 m
対応OSiOS 8.0以降/Android 4.2以上
スマホ/タブレット対応
Wi-Fi内蔵
自動帰還
GPS
GLONASS
折りたたみ
障害物検知
自動追尾機能
全長x全幅x全高320x405x59 mm
重量162g

ジーフォース moova

小型サイズのトイドローンでプロペラ部分を折りたたんでポケットに収納できるため、外出先や旅行先で気軽に空撮が楽しめます。

コントローラーはゲーム機のようなわかりやすい操作性で離陸も着陸もボタンひとつで可能なため、初心者でも扱いやすいドローンです。

カメラ角度は最大90°調整可能なため、斜めから撮影したり真上から撮影したり思い通りの写真撮影や動画撮影が可能です。

コントローラーとスマートフォンをWi-Fi接続できるため、ドローンからの映像をリアルタイムで確認しながら思い通りの写真撮影や動画撮影が可能です。

ドローンの飛行ルートをスマートフォンの画面をなぞるだけで設定できるため、初心者でも直感的に利用できる簡単操作に対応しています。

カメラ搭載有無標準
動画解像度1280×720
飛行時間5 分
操作可能距離20 m
対応OSiOS 8.0以降/Android 4.0.3以上
スマホ/タブレット対応
Wi-Fi内蔵
自動帰還
GPS
GLONASS
折りたたみ
障害物検知
自動追尾機能
全長x全幅x全高105x114x30 mm
重量29g

今回はドローンの紹介をしました。

花子さん
花子さん

ドローンの種類や特徴がわかったので、よい製品が買えそうだわ!

太郎さん
太郎さん

ドローン選びのポイントがわかった使用目的にあった製品が選べたよ!

皆様のお役に立てれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとう御座いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました