2023年最新双眼鏡の注目モデル!機能や特徴を解説します!

この記事はアフィリエイトリンクを含んでいます

双眼鏡とは?

双眼鏡とは、2つのレンズで遠くのものを拡大して見る光学機器です。

軽くて小さく、遠くの景色を大きく見ることができます。

折りたためて持ち運びもしやすいので、アウトドアや旅行におすすめです。

双眼鏡は、左右の鏡胴を連結して、両眼で同じものを見るように設計されています。

そのため、片目で見るよりも遠くのものを立体的に、そして大きく見ることができます。

双眼鏡は、自然観察やスポーツ観戦、コンサートや舞台鑑賞、アウトドアなど、さまざまな用途に使用されています。

このように、遠くの景色を立体的に拡大して見ることができる双眼鏡ですが、製品選びにこのような悩みは無いでしょうか?

花子さん
花子さん

軽量コンパクトな双眼鏡が知りたいわ?

太郎さん
太郎さん

アウトドアで使いやすい双眼鏡が知りたいな?

今回は、このような悩みを解決していきたいと思います。

双眼鏡と単眼鏡の違い

双眼鏡と単眼鏡は、遠くにあるものを大きく見るための光学機器です。

どちらもレンズを使って光を集光し、拡大して見ることができます。

双眼鏡は、2本の望遠鏡を並べて両目で覗くようになっており、単眼鏡は1本の望遠鏡のみで構成されています。

ここでは、双眼鏡と単眼鏡の違いについて、わかりやすく解説します。

双眼鏡とは

(出典:Amazon)

双眼鏡は、遠くにあるものを拡大して見ることができる望遠鏡の一種です。

2本の望遠鏡を並行に並べて、両目で見るようになっています。

双眼鏡の拡大率は、10×25、15×75、20×50などのように、倍率と口径で表されます。

倍率は、遠くのものを何倍に拡大できるかを示す数値です。

口径は、レンズの直径を表す数値です。

口径が大きいほど、明るく見ることができます。

双眼鏡には、さまざまな用途に適した製品があります。

コンサートやスポーツ観戦に適した観劇用、野鳥観察や天体観測に適した野鳥観察用、アウトドアや旅行に適したアウトドア用などがあります。

単眼鏡とは

(出典:Amazon)

単眼鏡も、遠くにあるものを拡大して見ることができる望遠鏡の一種です。

双眼鏡と異なり、1本の望遠鏡のみで構成されています。

単眼鏡の拡大率は、双眼鏡と同様に、倍率と口径で表されます。

倍率や口径の違いによって、双眼鏡と同様にさまざまな用途に適した製品があります。

まとめ

双眼鏡は、左右に広がる視野で、遠くのものを立体的に捉えることができます。

単眼鏡は、片側に広がる視野で、双眼鏡よりも軽量で価格が安いことが特徴です。

双眼鏡と単眼鏡のどちらを選ぶかは、用途や好みによって異なります。

遠くのものを立体的に捉えたい場合は双眼鏡、軽量で価格が安いものを希望する場合は単眼鏡が適しています。

おすすめ双眼鏡

ケンコー SG EX Compact 8×20

ケンコー SG EX Compact 8×20は、8倍の倍率と20mmの口径を備えたコンパクトな双眼鏡です。

【製品の特徴】

フルマルチコート&Bak4プリズム

レンズとプリズムには、光の透過率を高める高透過多層膜を採用しています。これにより、明るくクリアな視界を実現しています。また、プリズムには高屈折率のBak4を使用しています。Bak4は、一般的なプラスチックプリズムよりも光の透過率が高いため、より鮮明な視界が得られます。

ツイストアップ見口

見口を回転させてアイポイントを調整することができます。アイポイントとは、レンズから目までの距離のことです。裸眼の方でも眼鏡をかけている方でも、快適に使用することができます。

完全防水

内部に窒素ガスを充填してIPX7(ISO9022-8)に準拠した防水性能を備えています。IPX7とは、あらゆる方向から水が直接かかっても、1メートルの水深で30分間水没しても浸水しないことを意味します。海や雪山などの過酷な環境でも安心して使用することができます。

ケンコー SG EX Compact 8×20は、自然観察や野鳥観察、スポーツ観戦、コンサート、旅行など、さまざまなシーンで活躍するコンパクト双眼鏡です。

スペック
タイプ双眼鏡
倍率8 倍
対物レンズ有効径20 mm
明るさ6.3
実視界6.3 °
最短合焦点距離2 m
アイレリーフ11.5 mm
マルチコート
防水IPX7
手振れ補正・防振機能
三脚対応
録画機能
オペラグラス
重量202 g

ケンコー IRナイトレコーダー KC-NS04

ケンコー IRナイトレコーダー KC-NS04は、暗闇でも映像を映し出せるカメラです。

【製品の特徴】

暗闇でも映像を映し出す仕組み

暗闇では、光量が足りないため、カメラの画像センサーが十分な光を取り込めず、映像が暗くなってしまいます。KC-NS04は、赤外線照射装置を内蔵することで、暗闇に赤外線を照射し、その反射光を画像センサーで捉えることで、暗闇でも映像を映し出します。

5段階の赤外線モード

KC-NS04は、赤外線の強さを5段階で調整することができます。暗闇が深い場所では、赤外線の強さを高めて、映像を明るくすることができます。

日中モード

日中は、赤外線照射装置が不要なため、日中モードに切り替えることで、カラー映像で撮影することができます。

軽量コンパクト

KC-NS04は、片手で持てるほど軽量コンパクトです。持ち歩きに便利なネックストラップとポーチも付属します。

広い視野の液晶モニター

KC-NS04は、広い視野の液晶モニターを採用しています。そのため、複数の人が同時に映像を確認することもできます。

動画や写真の記録

KC-NS04で映し出される映像は、動画や写真で記録することもできます。microSDHCメモリーカード(別売)に保存します。撮影した動画や写真は本体の液晶モニターで確認できます。

ケンコー IR ナイトレコーダー KC-NS04は、夜間の防犯や夜行性動物の観察、野鳥観察、工事現場の監視、夜間のスポーツ観戦、夜間のコンサートなどに最適です。

このカメラは、暗闇でも鮮明な映像を撮影でき、初心者にもおすすめの機種です。

スペック
タイプ双眼鏡
倍率
対物レンズ有効径20 mm
明るさ
実視界
最短合焦点距離
アイレリーフ
マルチコート
防水
手振れ補正・防振機能
三脚対応
録画機能
オペラグラス
重量243 g

ケンコー SG-H 8×21

ケンコー SG-H 8×21は、8倍の倍率と21mmの口径を持つコンパクトな双眼鏡です。

【製品の特徴】

マルチコート

レンズ面に高透過多層膜を施すことで、光の透過率が向上し、明るくクリアな視界を実現しています。

コンパクトに折りたたみ可能

2軸式で折りたたみが可能なので、持ち運びに便利です。また、眼幅調整範囲が広いので、お子様でも使用できます。

SG-H 8×21は、旅行やハイキングで遠くの景色を眺めたいとき、コンサートやスポーツ観戦で遠くのものを観たいとき、野鳥や動物を観察したいときなどにぴったりです。

コンパクトで使いやすく、初心者にもおすすめです。

スペック
タイプ双眼鏡
倍率8 倍
対物レンズ有効径21 mm
明るさ6.8
実視界7.2 °
最短合焦点距離3.5 m
アイレリーフ10 mm
マルチコート
防水
手振れ補正・防振機能
三脚対応
録画機能
オペラグラス
重量198 g

ケンコー SG-H 10×24

ケンコー SG-H 10×24は、10倍の倍率と24mmの口径を持つコンパクトな双眼鏡です。

【製品の特徴】

マルチコート

レンズ面に高透過多層膜を施すことで、光の透過率が向上し、明るくクリアな視界を実現しています。

コンパクトに折りたたみ可能

2軸式で折りたたみが可能なので、持ち運びに便利です。また、眼幅調整範囲が広いので、お子様でも使用できます。

SG-H 10×24は、旅行やハイキングで遠くの景色を眺めたいとき、コンサートやスポーツ観戦で遠くのものを見たいとき、野鳥や動物を観察したいときなどにぴったりです。

コンパクトで使いやすく、初心者にもおすすめです。

スペック
タイプ双眼鏡
倍率10 倍
対物レンズ有効径24 mm
明るさ5.8
実視界5.6 °
最短合焦点距離3.5 m
アイレリーフ10 mm
マルチコート
防水
手振れ補正・防振機能
三脚対応
録画機能
オペラグラス
重量258 g

ケンコー SG-H 12×24

ケンコー SG-H 12×24は、12倍の倍率と24mmの口径を持つコンパクトな双眼鏡です。

【製品の特徴】

マルチコート

レンズ面に高透過多層膜を施すことで、光の透過率が向上し、明るくクリアな視界を実現しています。

コンパクトに折りたたみ可能

2軸式で折りたたみが可能なので、持ち運びに便利です。また、眼幅調整範囲が広いので、お子様でも使用できます。

SG-H 12×24は、旅行やハイキングで遠くの景色を眺めたいとき、コンサートやスポーツ観戦で遠くのものを見たいとき、野鳥や動物を観察したいときにぴったりです。

コンパクトで使いやすく、初心者にもおすすめです。

スペック
タイプ双眼鏡
倍率12 倍
対物レンズ有効径24 mm
明るさ4
実視界5.6 °
最短合焦点距離4 m
アイレリーフ8 mm
マルチコート
防水
手振れ補正・防振機能
三脚対応
録画機能
オペラグラス
重量259 g

ケンコー ウルトラビューEX Pocket 8×25

ケンコー ウルトラビューEX Pocket 8×25は、8倍の倍率と25mmの口径を持つコンパクトな双眼鏡です。

【製品の特徴】

明るくクリアな視界

レンズとプリズムにマルチコートを施すことで、光の透過率が向上し、明るくクリアな視界を実現しています。

コンパクトに折りたたみ可能

2軸式で折りたたみが可能なので、持ち運びに便利です。また、眼幅調整範囲が広いので、お子様でも使用できます。

防水設計

屋外での突然の雨や水辺での使用にも安心な防水設計です。本体内部に窒素ガスを充填し、レンズ内の曇りを防ぎます。

撥油コート

接眼レンズ外面に撥油コートを施しているので、汚れが付きにくくなっています。

ウルトラビューEX Pocket 8×25は、旅行やハイキングで遠くの景色を眺めたいとき、コンサートやスポーツ観戦で遠くのものを見たいとき、野鳥や動物を観察したいときにぴったりです。

コンパクトで使いやすく、初心者にもおすすめです。

スペック
タイプ双眼鏡
倍率8 倍
対物レンズ有効径25 mm
明るさ9.6
実視界8.2 °
最短合焦点距離3 m
アイレリーフ10 mm
マルチコート
防水IPX7/水深1m相当/10分間
手振れ補正・防振機能
三脚対応
録画機能
オペラグラス
重量298 g

ケンコー ウルトラビューEX Pocket 10×25

ケンコー ウルトラビューEX Pocket 10×25は、10倍の倍率と25mmの口径を持つコンパクトな双眼鏡です。

【製品の特徴】

明るくクリアな視界

レンズとプリズムにマルチコートを施すことで、光の透過率が向上し、明るくクリアな視界を実現しています。

コンパクトに折りたたみ可能

2軸式で折りたたみが可能なので、持ち運びに便利です。また、眼幅調整範囲が広いので、お子様でも使用できます。

防水設計

屋外での突然の雨や水辺での使用にも安心な防水設計です。本体内部に窒素ガスを充填し、レンズ内の曇りを防ぎます。

撥油コート

接眼レンズ外面に撥油コートを施しているので、汚れが付きにくくなっています。

スペック
タイプ双眼鏡
倍率10 倍
対物レンズ有効径25 mm
明るさ6.25
実視界6.5 °
最短合焦点距離3 m
アイレリーフ10 mm
マルチコート
防水IPX7/水深1m相当/10分間
手振れ補正・防振機能
三脚対応
録画機能
オペラグラス
重量308 g

ビクセン hoop H8×25WP(ブラック)

ビクセン hoop H8×25WP(ブラック)は、コンパクトで軽量ながら、高性能な双眼鏡です。

主な特徴は以下の通りです。

【製品の特徴】

色にじみを抑えるEDレンズを採用

EDレンズは、特殊な低分散ガラスで作られており、色にじみを抑える効果があります。これにより、自然の風景や鳥、動物などをより鮮やかに、くっきりと見ることができます。

3つのコーティングでクリアな視界を実現

レンズ全面には、ビクセン最高レベルの反射防止効果を誇るフラットマルチコートを採用しています。さらに、プリズムにはハレーションを低減し、解像度をアップするフェイズコート、像の明るさをアップさせる高反射コートを採用しています。これら3つのコートにより、迷光や光量ロスを徹底排除し、くっきりとした極めてクリアな視界が得られます。

撥油コーティングで汚れに強い

レンズ面に汚れが付着しにくい特殊なコーティングを施しています。指紋や汚れなどが付着した際も拭き取りやすく、常にレンズ面をクリーンに保ち、クリアな視界が得られます。

防水仕様でアウトドアでも安心

窒素ガス充填の防水仕様で、雨天時や水辺などアウトドアでの使用も可能です。

スタイリッシュなデザイン

円と直線を基調としたシンプルでスタイリッシュな外観です。堅牢性に優れるアルミ外装には丁寧な梨地アルマイト処理を施すことで、高級感やエレガントな雰囲気も演出しています。

hoop H8×25WP(ブラック)は、日常使いからアウトドアまで、幅広いシーンで活躍する双眼鏡です。初心者の方にも使いやすい、おすすめのモデルです。

スペック
タイプ双眼鏡
倍率8 倍
対物レンズ有効径25 mm
明るさ9.6
実視界6.3 °
最短合焦点距離3 m
アイレリーフ14.5 mm
マルチコート
防水
手振れ補正・防振機能
三脚対応
録画機能
オペラグラス
重量340 g

ビクセン GEOMA HR8x25WP

ビクセン GEOMA HR8x25WPは、初心者の方でも使いやすい、コンパクトで軽量な双眼鏡です。

主な特徴は以下の通りです。

【製品の特徴】

明るく広い視界

レンズ全面にフルマルチコートを施すことで、光の損失を抑え、明るく広い視界を確保しています。また、ひとみ径が3.1mmと大きめなので、暗い場所でも見やすくなっています。

メガネでも見やすい

ハイアイポイント設計で、アイレリーフが16mmあるので、メガネをかけたままでも見やすいです。

使いやすい操作性

倍率が8倍と扱いやすく、ピントリングは回しやすく指が滑りにくい大型転輪を採用しています。

傷や汚れに強い外装

傷付きにくく滑りにくい高級感のあるラバー外装を採用しています。

防水仕様で安心して使える

窒素ガス充填による防水設計で、雨天時や水辺での使用にも対応しています。

GEOMA HR8x25WPは、8倍の倍率なので、遠くのものを大きく見ることができます。

また、明るく広い視界なので、自然の風景や鳥、動物などを観察するのに最適です。

スペック
タイプ双眼鏡
倍率8 倍
対物レンズ有効径25 mm
明るさ9.6
実視界6.3 °
最短合焦点距離2 m
アイレリーフ16 mm
マルチコート
防水
手振れ補正・防振機能
三脚対応可(ビノホルダーH、MH:別売)
録画機能
オペラグラス
重量300 g

ビクセン APEX J HR10x42WP(W)

APEX J HR10x42WP(W)は、ビクセンから発売されている、10倍の倍率と42mmの対物レンズ径を備えた、高性能な双眼鏡です。

【製品の特徴】

色にじみを抑えるEDレンズを採用

EDレンズは、特殊な低分散ガラスで作られており、色にじみを抑える効果があります。これにより、自然の風景や鳥、動物などをより鮮やかに、くっきりと見ることができます。

3つのコーティングでクリアな視界を実現

レンズ全面には、ビクセン最高レベルの反射防止効果を誇るフラットマルチコートを採用しています。さらに、プリズムにはハレーションを低減し、解像度をアップするフェイズコート、像の明るさをアップさせる高反射コートを採用しています。これら3つのコートにより、迷光や光量ロスを徹底排除し、くっきりとした極めてクリアな視界が得られます。

明るく広い視界

対物レンズ径が42mmと大きめなので、暗い場所でも明るく、広い視界を確保できます。

メガネでも見やすい

アイレリーフが16mmと大きめなので、メガネをかけたままでも見やすいです。

防水仕様でアウトドアでも安心

窒素ガス充填による防水設計で、雨天時や水辺などのアウトドアでの使用も可能です。

軽量設計

615gと軽量なので、持ち運びや長時間の使用でも疲れにくいです。

APEX J HR10x42WP(W)は、色にじみを抑えたクリアな視界と、明るく広い視界を実現する、高性能な双眼鏡です。

初心者の方でも使いやすいので、ぜひ一度お試しください。

スペック
タイプ双眼鏡
倍率10 倍
対物レンズ有効径42 mm
明るさ17.6
実視界6.7 °
最短合焦点距離3 m
アイレリーフ15 mm
マルチコート
防水窒素ガス充填
手振れ補正・防振機能
三脚対応可(ビノホルダーH、MH:別売)
録画機能
オペラグラス
重量615 g

ニコン MONARCH M5 8×42

ニコン MONARCH M5 8×42は、初心者から上級者まで幅広いユーザーにおすすめの、高性能な双眼鏡です。

【製品の特徴】

色にじみを抑えるEDレンズを採用

EDレンズは、特殊な低分散ガラスで作られており、色にじみを抑える効果があります。これにより、自然の風景や鳥、動物などをより鮮やかに、くっきりと見ることができます。

明るく広い視界

対物レンズ径が42mmと大きめなので、暗い場所でも明るく、広い視界を確保できます。また、視野角が65°と広いので、遠くのものを一度に大きく見ることができます。

多層膜コーティングで明るい視界

レンズとプリズムに多層膜コーティングを施すことで、光の反射を抑え、明るい視界を実現しています。また、補助プリズムには高反射誘電体多層膜コーティング、ダハプリズムには位相差補正コーティングを施すことで、より明るく自然な色調を追求しています。

スタイリッシュなデザイン

グラスファイバー入りのポリカーボネイト樹脂を使用した軽量ボディーは、すっきりとしたスタイリッシュなデザインです。ホールド感に優れた握りやすい形状で、快適な観察をサポートします。

防水・防曇構造

窒素ガスを充填した防水構造で、雨や雪、水辺での使用にも対応しています。また、光学系内部の曇りを防ぐため、窒素ガスを充填しています。

MONARCH M5 8×42は、色にじみを抑えたクリアな視界と、明るく広い視界を実現する、高性能な双眼鏡です。

初心者の方でも使いやすいので、ぜひ一度お試しください。

スペック
タイプ双眼鏡
倍率8 倍
対物レンズ有効径42 mm
明るさ28.1
実視界6.4 °
最短合焦点距離2.5 m
アイレリーフ19.5 mm
マルチコート
防水水深1m/10分間
手振れ補正・防振機能
三脚対応別売:三脚アダプターTRA-3/ダハプリズム双眼鏡用三脚アダプター H
録画機能
オペラグラス
重量630 g

ニコン MONARCH M5 10×42

ニコン MONARCH M5 10×42は、初心者から上級者まで幅広いユーザーにおすすめの、高性能な双眼鏡です。

【製品の特徴】

色にじみを抑えるEDレンズを採用

EDレンズは、特殊な低分散ガラスで作られており、色にじみを抑える効果があります。これにより、自然の風景や鳥、動物などをより鮮やかに、くっきりと見ることができます。

明るく広い視界

対物レンズ径が42mmと大きめなので、暗い場所でも明るく、広い視界を確保できます。また、視野角が65°と広いので、遠くのものを一度に大きく見ることができます。

多層膜コーティングで明るい視界

レンズとプリズムに多層膜コーティングを施すことで、光の反射を抑え、明るい視界を実現しています。また、補助プリズムには高反射誘電体多層膜コーティング、ダハプリズムには位相差補正コーティングを施すことで、より明るく自然な色調を追求しています。

スタイリッシュなデザイン

グラスファイバー入りのポリカーボネイト樹脂を使用した軽量ボディーは、すっきりとしたスタイリッシュなデザインです。ホールド感に優れた握りやすい形状で、快適な観察をサポートします。

防水・防曇構造

窒素ガスを充填した防水構造で、雨や雪、水辺での使用にも対応しています。また、光学系内部の曇りを防ぐため、窒素ガスを充填しています。

MONARCH M5 10×42の視野角は65°です。

これは、10倍倍率の双眼鏡としては広めの視野角です。

そのため、遠くのものを大きく見ながら、ある程度広い範囲も観察することができます。

スペック
タイプ双眼鏡
倍率10 倍
対物レンズ有効径42 mm
明るさ17.6
実視界5.6 °
最短合焦点距離2.5 m
アイレリーフ18.4 mm
マルチコート
防水水深1m/10分間
手振れ補正・防振機能
三脚対応別売:三脚アダプターTRA-3/ダハプリズム双眼鏡用三脚アダプター H
録画機能
オペラグラス
重量640 g

ニコン MONARCH M5 12×42

ニコン MONARCH M5 12×42は、初心者から上級者まで幅広いユーザーにおすすめの、高性能な双眼鏡です。

【製品の特徴】

色にじみを抑えるEDレンズを採用

EDレンズは、特殊な低分散ガラスで作られており、色にじみを抑える効果があります。これにより、自然の風景や鳥、動物などをより鮮やかに、くっきりと見ることができます。

明るく広い視界

対物レンズ径が42mmと大きめなので、暗い場所でも明るく、広い視界を確保できます。また、視野角が65°と広いので、遠くのものを一度に大きく見ることができます。

多層膜コーティングで明るい視界

レンズとプリズムに多層膜コーティングを施すことで、光の反射を抑え、明るい視界を実現しています。また、補助プリズムには高反射誘電体多層膜コーティング、ダハプリズムには位相差補正コーティングを施すことで、より明るく自然な色調を追求しています。

スタイリッシュなデザイン

グラスファイバー入りのポリカーボネイト樹脂を使用した軽量ボディーは、すっきりとしたスタイリッシュなデザインです。ホールド感に優れた握りやすい形状で、快適な観察をサポートします。

防水・防曇構造

窒素ガスを充填した防水構造で、雨や雪、水辺での使用にも対応しています。また、光学系内部の曇りを防ぐため、窒素ガスを充填しています。

MONARCH M5 12×42は、色にじみを抑えたクリアな視界と、明るく広い視界を実現する、高性能な双眼鏡です。

初心者の方でも使いやすいので、ぜひ一度お試しください。

スペック
タイプ双眼鏡
倍率12 倍
対物レンズ有効径42 mm
明るさ12.3
実視界5.1 °
最短合焦点距離2.5 m
アイレリーフ15.1 mm
マルチコート
防水水深1m/10分間
手振れ補正・防振機能
三脚対応別売:三脚アダプターTRA-3/ダハプリズム双眼鏡用三脚アダプター H
録画機能
オペラグラス
重量640 g

SIGHTRON SIIBL 1430 STABILIZER

SIGHTRON SIIBL 1430 STABILIZERは、手振れ補正機能が搭載された、初心者から上級者まで幅広く使える、高性能な双眼鏡です。

【製品の特徴】

手振れ補正機能

電源をオンにするだけで、手振れを補正する機能が働きます。そのため、手ブレに悩まされることなく、対象物を鮮明に観察することができます。

SIIBL 1430 STABILIZERは、防振角±3度の2軸ジンバル式光学手振れ補正機構を搭載しています。ブレの動きに合わせてプリズムを安定する方向に動かすことで、手振れを補正します。車で走行中に発生するような細かな振動だけでなく、船上で波に揺られたときに受けるような大きめの振動までしっかりと補正します。

2つの防振モード

SIIBL 1430 STABILIZERは、お好みに合わせて選べる2つの防振モードを搭載しています。

  • NORMALモード

通常の使用シーンに適したモードです。

  • POWERモード

手振れをより強力に補正するモードです。

電源は手に入りやすい単四型アルカリ乾電池(別売)を2本使用

電池は手に入りやすいので、いざというときにも安心です。

電池持続時間は約32時間

長時間の使用でも電池切れの心配がありません。

人間工学に基づく手になじむコンパクト設計

手になじみやすく、使いやすいデザインです。

全面マルチコートを採用

レンズとプリズムに全面マルチコートを施すことで、明るい視界と高い解像度を実現しています。

位相差補正コートを施したダハプリズム

位相差補正コートを施したダハプリズムを採用することで、ハレーションを抑え、より明るい視界と高い解像度を実現しています。

ツイストアップ式見口

ツイストアップ式見口を採用することで、メガネをかけたままでも、見やすい位置に調整することができます。

SIIBL 1430 STABILIZERは、手振れ補正機能が搭載された、高性能な双眼鏡です。

手ブレに悩まされることなく、対象物を鮮明に観察したい方におすすめです。

スペック
タイプ双眼鏡
倍率14 倍
対物レンズ有効径30 mm
明るさ
実視界4.8 °
最短合焦点距離3.5 m
アイレリーフ14.8 mm
マルチコート
防水
手振れ補正・防振機能
三脚対応
録画機能
オペラグラス
重量550 g

SIGHTRON SIIBL 1630 STABILIZER

SIGHTRON SIIBL 1630 STABILIZERは、手振れ補正機能が搭載された、初心者から上級者まで幅広く使える、高性能な双眼鏡です。

【製品の特徴】

手振れ補正機能

電源をオンにするだけで、手振れを補正する機能が働きます。そのため、手ブレに悩まされることなく、対象物を鮮明に観察することができます。

SIIBL 1630 STABILIZERは、防振角±3度の2軸ジンバル式光学手振れ補正機構を搭載しています。ブレの動きに合わせてプリズムを安定する方向に動かすことで、手振れを補正します。車で走行中に発生するような細かな振動だけでなく、船上で波に揺られたときに受けるような大きめの振動までしっかりと補正します。

2つの防振モード

SIIBL 1630 STABILIZERは、お好みに合わせて選べる2つの防振モードを搭載しています。

  • NORMALモード

通常の使用シーンに適したモードです。

  • POWERモード

手振れをより強力に補正するモードです。

電源は手に入りやすい単四型アルカリ乾電池(別売)を2本使用

電池は手に入りやすいので、いざというときにも安心です。

電池持続時間は約32時間

長時間の使用でも電池切れの心配がありません。

人間工学に基づく手になじむコンパクト設計

手になじみやすく、使いやすいデザインです。

全面マルチコートを採用

レンズとプリズムに全面マルチコートを施すことで、明るい視界と高い解像度を実現しています。

位相差補正コートを施したダハプリズム

位相差補正コートを施したダハプリズムを採用することで、ハレーションを抑え、より明るい視界と高い解像度を実現しています。

ツイストアップ式見口

ツイストアップ式見口を採用することで、メガネをかけたままでも、見やすい位置に調整することができます。

SIIBL 1630 STABILIZERは、手振れ補正機能が搭載された、高性能な双眼鏡です。手ブレに悩まされることなく、対象物を鮮明に観察したい方におすすめです。

SIGHTRON SIIBL 1630 STABILIZERは、手振れ補正機能が搭載された、高性能な双眼鏡です。

手ブレに悩まされることなく、遠くのものを鮮明に観察したい方におすすめです。

スペック
タイプ双眼鏡
倍率16 倍
対物レンズ有効径30 mm
明るさ
実視界4.2 °
最短合焦点距離3.5 m
アイレリーフ16.3 mm
マルチコート
防水
手振れ補正・防振機能
三脚対応
録画機能
オペラグラス
重量550 g

SIGHTRON Comet Scan 12×63

SIGHTRON Comet Scan 12×63は、天体観測に適した、高性能な双眼鏡です。

【製品の特徴】

大口径対物レンズ

対物レンズに、口径63mmの大口径レンズを採用しています。これにより、集光力が高まり、暗い場所でも明るく見ることができます。そのため、彗星や星雲・星団など、かすかな光を放つ対象を観測するのに適しています。

多層膜コーティング

レンズとプリズムに多層膜コーティングを施すことで、光の反射を抑え、明るい視界を実現しています。また、BaK4硝材のプリズムを採用することで、より高い透過率と色再現性を実現しています。

IF方式の焦点調整機構

左右それぞれの眼の視度にあわせた確実なピント調整が可能です。

ロングアイレリーフ設計

眼鏡をかけて使用する際にも、視野の隅々まで広く見渡すことができます。

完全防水設計

アウトドアでの突然の雨や水辺での使用にも安心です。

ラバー外装

寒冷地でも扱いやすく、しっかりとグリップすることができます。

ゴム見口

目に当てた際に心地よい使用感を提供します。

Comet Scan 12×63は、明るい視界と高い解像度を実現する、高性能な双眼鏡です。

天体観測や野生動物の観察など、さまざまなシーンで活躍します。ぜひ一度お試しください。

スペック
タイプ双眼鏡
倍率12 倍
対物レンズ有効径63 mm
明るさ27.6
実視界5.4 °
最短合焦点距離10 m
アイレリーフ16.5 mm
マルチコート
防水
手振れ補正・防振機能
三脚対応
録画機能
オペラグラス
重量1470 g

SIGHTRON Comet Scan 9×63

SIGHTRON Comet Scan 9×63は、天体観測に適した、高性能な双眼鏡です。

【製品の特徴】

大口径対物レンズ

対物レンズに、口径63mmの大口径レンズを採用しています。これにより、集光力が高まり、暗い場所でも明るく見ることができます。そのため、彗星や星雲・星団など、かすかな光を放つ対象の観測に適しています。

多層膜コーティング

レンズとプリズムに多層膜コーティングを施すことで、光の反射を抑え、明るい視界を実現しています。また、BaK4硝材のプリズムを採用することで、より高い透過率と色再現性を実現しています。

IF方式の焦点調整機構

左右それぞれの眼の視度にあわせた確実なピント調整が可能です。

ロングアイレリーフ設計

眼鏡をかけて使用する際にも、視野の隅々まで広く見渡すことができます。

完全防水設計

アウトドアでの突然の雨や水辺での使用にも安心です。

ラバー外装

寒冷地でも扱いやすく、しっかりとグリップすることができます。

ゴム見口

目に当てた際に心地よい使用感を提供します。

Comet Scan 9×63は、明るい視界と高い解像度を実現する、高性能な双眼鏡です。天体観測や野生動物の観察など、さまざまなシーンで活躍します。ぜひ一度お試しください。

スペック
タイプ双眼鏡
倍率9 倍
対物レンズ有効径63 mm
明るさ49
実視界5.5 °
最短合焦点距離10 m
アイレリーフ23 mm
マルチコート
防水
手振れ補正・防振機能
三脚対応
録画機能
オペラグラス
重量1470 g

カールツァイス SFL 8×30

カールツァイス SFL 8×30 は、ドイツの光学メーカーであるカールツァイスが製造する、軽量コンパクトな双眼鏡です。

【製品の特徴】

軽量でコンパクト

対物レンズ径 30mm ながら、重量はわずか 460g。手の小さな女性やお子様でも楽々扱えます。また、ポケットサイズなので、持ち運びも便利です。

高性能

新たに採用されたウルトラ ハイ ディフィニション (UHD) コンセプトにより、見たままの色彩の再生、そして高い解像度の映像を実現します。また、SmartFocus コンセプトをベースにしたフォーカスダイヤルは、手袋を着用した状態でも素早く、正確なフォーカシングが可能です。

快適な使用感

最適化されたエルゴノミクスと大きな射出瞳が、見やすく、安定した映像体験をもたらします。また、メガネを掛けたままでも視界全体が見渡せる 18mm のハイアイポント設計です。

このように、SFL 8×30 は、軽量コンパクトながら、高性能で快適な使用感を兼ね備えた、初心者から上級者まで幅広くおすすめできる双眼鏡です。

具体的な用途としては、野鳥観察、スポーツ観戦、コンサート観賞、キャンプやハイキングなどのアウトドアなど、さまざまなシーンで活躍します。

スペック
タイプ双眼鏡
倍率8 倍
対物レンズ有効径30 mm
明るさ
実視界
最短合焦点距離1.5 m
アイレリーフ
マルチコート
防水窒素ガス充填/400mbar
手振れ補正・防振機能
三脚対応別売:三脚アダプタ ZEISS Tripod Mount1/4
録画機能
オペラグラス
重量460 g

カールツァイス SFL 10×30

カールツァイス SFL 10×30 は、ドイツの光学メーカーであるカールツァイスが製造する、軽量コンパクトな双眼鏡です。

対物レンズ径 30mm、倍率 10倍のモデルです。

【製品の特徴】

軽量コンパクト

SFL 10×30 の重量はわずか 460g。手の小さな女性やお子様でも楽々扱えます。また、ポケットサイズなので、持ち運びも便利です。

高性能

新たに採用されたウルトラ ハイ ディフィニション (UHD) コンセプトにより、見たままの色彩を再生、そして高い解像度の映像を実現します。また、SmartFocus コンセプトに基づいたフォーカスダイヤルは、手袋を着用した状態でも素早く、正確なフォーカシングが可能です。

快適な使用感

最適化されたエルゴノミクスと大きな射出瞳が、見やすく、安定した映像体験をもたらします。また、メガネを掛けたままでも視界全体が見渡せる 18mm のハイアイポント設計です。

用途

SFL 10×30 は、野鳥観察、スポーツ観戦、コンサート観賞、キャンプやハイキングなどのアウトドアなど、さまざまなシーンで活躍します。

SFL 10×30 は、初心者から上級者まで幅広くおすすめできる双眼鏡です。

軽量コンパクトながら、高性能で快適な使用感を兼ね備えているため、初めて双眼鏡を購入する方に最適です。

スペック
タイプ双眼鏡
倍率10 倍
対物レンズ有効径30 mm
明るさ
実視界
最短合焦点距離1.5 m
アイレリーフ
マルチコート
防水窒素ガス充填/400mbar
手振れ補正・防振機能
三脚対応別売:三脚アダプタ ZEISS Tripod Mount1/4
録画機能
オペラグラス
重量460 g

ペンタックス AD 7×32 ED

ペンタックス AD 7×32 ED は、リコーイメージングが製造する、小型軽量で高性能な双眼鏡です。

対物レンズ径 32mm、倍率 7倍のモデルです。

【製品の特徴】

小型軽量

AD 7×32 ED の重量はわずか 585g。コンパクトサイズなので、持ち運びも便利です。

高性能

AD 7×32 ED は、色収差補正に優れた ED(特殊低分散)ガラスを採用しています。また、フルマルチコーティングと透過率アップコーティングにより、フレアやゴーストを抑えたクリアな視界を実現しています。

快適な使用感

AD 7×32 ED は、滑りにくくホールド性に優れたエラストマー素材を採用しています。また、滑り止めがついたリング形状で操作しやすい視度調整機構を採用しています。

用途

AD 7×32 ED は、野鳥観察、スポーツ観戦、コンサート観賞、キャンプやハイキングなどのアウトドアなど、さまざまなシーンで活躍します。

AD 7×32 ED は、初心者から上級者まで幅広くおすすめできる双眼鏡です。

小型軽量ながら、高性能で快適な使用感を兼ね備えているため、初めて双眼鏡を購入する方に最適です。

スペック
タイプ双眼鏡
倍率7 倍
対物レンズ有効径32 mm
明るさ21.9
実視界7.8 °
最短合焦点距離3 m
アイレリーフ18.2 mm
マルチコート
防水JIS保護等級6級相当の防水構造
手振れ補正・防振機能
三脚対応別売:三脚アダプター TP-3
録画機能
オペラグラス
重量585 g

ペンタックス AD 10×32 ED

ペンタックス AD 10×32 ED は、リコーイメージングが製造する、小型軽量で高性能な双眼鏡です。

対物レンズ径 32mm、倍率 10倍のモデルです。

【製品の特徴】

小型軽量

AD 10×32 ED の重量はわずか530g。コンパクトサイズなので、持ち運びも便利です。

高性能

AD 10×32 ED は、色収差補正に優れた ED(特殊低分散)ガラスを採用しています。また、フルマルチコーティングと透過率アップコーティングにより、フレアやゴーストを抑えたクリアな視界を実現しています。

快適な使用感

AD 10×32 ED は、滑りにくくホールド性に優れたエラストマー素材を採用しています。また、滑り止めがついたリング形状で操作しやすい視度調整機構を採用しています。

用途

AD 10×32 ED は、野鳥観察、スポーツ観戦、コンサート観賞、キャンプやハイキングなどのアウトドアなど、さまざまなシーンで活躍します。

AD 10×32 ED は、初心者から上級者まで幅広くおすすめできる双眼鏡です。

小型軽量ながら、高性能で快適な使用感を兼ね備えているため、初めて双眼鏡を購入する方に最適です。

スペック
タイプ双眼鏡
倍率10 倍
対物レンズ有効径32 mm
明るさ10.2
実視界6 °
最短合焦点距離3 m
アイレリーフ15 mm
マルチコート
防水JIS保護等級6級相当の防水構造
手振れ補正・防振機能
三脚対応別売:三脚アダプター TP-3
録画機能
オペラグラス
重量530 g

VANGUARD VEO XF 8420

VANGUARD VEO XF 8420は、バンガード社が製造する、軽量で耐久性に優れた双眼鏡です。

対物レンズ径 42mm、倍率 8倍のモデルです。

【製品の特徴】

軽量

VEO XF 8420 の重量はわずか660g。手の小さな女性やお子様でも楽々扱えます。また、コンパクトサイズなので、持ち運びも便利です。

耐久性

VEO XF 8420 は、バランスの取れた軽量で耐久性のあるコンポジットカーボン素材を採用しています。また、防水・防霧仕様で厳しい気象条件にも耐えられるように設計されています。

高性能

VEO XF 8420 は、マルチコーティングされたプレミアムレンズを採用しています。これにより、フレアやゴーストを抑えたクリアな視界を実現しています。

用途

VEO XF 8420 は、野鳥観察、スポーツ観戦、コンサート観賞、キャンプやハイキングなどのアウトドアなど、さまざまなシーンで活躍します。

VEO XF 8420 は、軽量で耐久性に優れ、高性能で快適な使用感を兼ね備えた、初心者から上級者まで幅広くおすすめできる双眼鏡です。

スペック
タイプ双眼鏡
倍率8 倍
対物レンズ有効径42 mm
明るさ27.5
実視界7.6 °
最短合焦点距離2.1 m
アイレリーフ20 mm
マルチコート
防水深さ1メートルまでの耐水性
手振れ補正・防振機能
三脚対応BA-185で取り付け可能(別売)
録画機能
オペラグラス
重量660 g

VANGUARD VEO XF 1042

VANGUARD VEO XF 1042は、バンガード社が製造する、軽量で耐久性に優れた双眼鏡です。

対物レンズ径 42mm、倍率 10倍のモデルです。

【製品の特徴】

軽量

VEO XF 1042 の重量はわずか640g。手の小さな女性やお子様でも楽々扱えます。また、コンパクトサイズなので、持ち運びも便利です。

耐久性

VEO XF 1042 は、バランスの取れた軽量で耐久性のあるコンポジットカーボン素材を採用しています。また、防水・防霧仕様で厳しい気象条件にも耐えられるように設計されています。

高性能

VEO XF 1042 は、マルチコーティングされたプレミアムレンズを採用しています。これにより、フレアやゴーストを抑えたクリアな視界を実現しています。

用途

VEO XF 1042 は、野鳥観察、スポーツ観戦、コンサート観賞、キャンプやハイキングなどのアウトドアなど、さまざまなシーンで活躍します。

VEO XF 1042 は、初心者から上級者まで幅広くおすすめできる双眼鏡です。

軽量で耐久性に優れ、高性能で快適な使用感を兼ね備えているため、初めて双眼鏡を購入する方に最適です。

スペック
タイプ双眼鏡
倍率10 倍
対物レンズ有効径42 mm
明るさ17.6
実視界6.4 °
最短合焦点距離2.1 m
アイレリーフ16 mm
マルチコート
防水深さ1メートルまでの耐水性
手振れ補正・防振機能
三脚対応BA-185で取り付け可能(別売)
録画機能
オペラグラス
重量640 g

VANGUARD VEO ED 1250

VANGUARD VEO ED 1250は、バンガード社が製造する、高性能で耐久性に優れた双眼鏡です。

対物レンズ径 50mm、倍率 12倍のモデルです。

【製品の特徴】

高性能

VEO ED 1250 は、色収差補正に優れた ED(特殊低分散)ガラスを採用しています。これにより、フレアやゴーストを抑えたクリアな視界を実現しています。また、対物レンズ径が大きいため、明るい視界を実現しています。

耐久性

VEO ED 1250 は、カーボン複合素材を採用しています。これにより、強度と耐久性に優れ、軽量で持ち運びやすいというメリットがあります。また、防水・防霧仕様で、厳しい気象条件にも耐えられるように設計されています。

用途

VEO ED 1250 は、野鳥観察、スポーツ観戦、コンサート観賞、キャンプやハイキングなどのアウトドアなど、さまざまなシーンで活躍します。

VEO ED 1250 は、初心者から上級者まで幅広くおすすめできる双眼鏡です。

高性能で耐久性に優れ、さまざまなシーンで活躍するため、初めて双眼鏡を購入する方に最適です。

スペック
タイプ双眼鏡
倍率12 倍
対物レンズ有効径50 mm
明るさ17.6
実視界4.8 °
最短合焦点距離3.5 m
アイレリーフ18 mm
マルチコート
防水IPX7
手振れ補正・防振機能
三脚対応BA-185で取り付け可能(別売)
録画機能
オペラグラス
重量760 g

VANGUARD VEO HD IV 8420

VANGUARD VEO HD IV 8420は、バンガード社が製造する、高性能でバランスの取れた双眼鏡です。

対物レンズ径 42mm、倍率 8倍のモデルです。

【製品の特徴】

高性能

VEO HD IV 8420 は、色収差補正に優れた HOYA(ホーヤ)製 ED(特殊低分散)ガラスを採用しています。これにより、フレアやゴーストを抑えたクリアな視界を実現しています。また、7層マルチコーティングされたレンズにより、高い透過率を実現しています。

バランスの良さ

VEO HD IV 8420 は、軽量で耐久性に優れたマグネシウム合金ボディを採用しています。また、エンボス加工で滑りにくく、持ちやすい設計になっています。さらに、防水・防霧仕様で、厳しい気象条件にも対応しています。

用途

VEO HD IV 8420 は、野鳥観察、スポーツ観戦、コンサート観賞、キャンプやハイキングなどのアウトドアなど、さまざまなシーンで活躍します。

VEO HD IV 8420 は、初心者から上級者まで幅広くおすすめできる双眼鏡です。

高性能でバランスが取れているため、初めて双眼鏡を購入する方に最適です。

スペック
タイプ双眼鏡
倍率8 倍
対物レンズ有効径42 mm
明るさ27.5
実視界7.2 °
最短合焦点距離1.8 m
アイレリーフ19 mm
マルチコート
防水
手振れ補正・防振機能
三脚対応BA-185で取り付け可能(別売)
録画機能
オペラグラス
重量775 g

VANGUARD VEO HD IV 1042

VANGUARD VEO HD IV 1042は、バンガード社が製造する、高性能でバランスの取れた双眼鏡です。

対物レンズ径 42mm、倍率 10倍のモデルです。

【製品の特徴】

高性能

VEO HD IV 1042 は、色収差補正に優れた HOYA(ホーヤ)製 ED(特殊低分散)ガラスを採用しています。これにより、フレアやゴーストを抑えたクリアな視界を実現しています。また、7層マルチコーティングされたレンズにより、高い透過率を実現しています。

バランスの良さ

VEO HD IV 1042 は、軽量で耐久性に優れたマグネシウム合金ボディを採用しています。また、エンボス加工で滑りにくく、持ちやすい設計になっています。さらに、防水・防霧仕様で、厳しい気象条件にも対応しています。

用途

VEO HD IV 1042 は、野鳥観察、スポーツ観戦、コンサート観賞、キャンプやハイキングなどのアウトドアなど、さまざまなシーンで活躍します。

VEO HD IV 1042 は、初心者から上級者まで幅広くおすすめできる双眼鏡です。

高性能でバランスが取れているため、初めて双眼鏡を購入する方に最適です。

スペック
タイプ双眼鏡
倍率10 倍
対物レンズ有効径42 mm
明るさ17.6
実視界6.5 °
最短合焦点距離1.8 m
アイレリーフ19 mm
マルチコート
防水
手振れ補正・防振機能
三脚対応BA-185で取り付け可能(別売)
録画機能
オペラグラス
重量776 g

双眼鏡の選び方

用途で選ぶ

双眼鏡は、野鳥や星空、スポーツ観戦など、さまざまなシーンで活躍する便利なツールです。

初心者の方でも、用途に合わせて適切な双眼鏡を選べば、より快適に楽しむことができます。

【代表的な用途】

  • コンサート・ライブ(観劇)

コンサートやライブ、観劇などで使用する双眼鏡は、ステージや舞台までの距離が遠いため、倍率が高めのものをおすすめします。

倍率は8倍〜12倍程度が目安です。また、ステージや舞台全体を把握するために、視野角が広いものも良いでしょう。

  • バードウォッチング

野鳥観察用の双眼鏡は、遠くの野鳥をしっかりと観察するために、倍率が高めのものをおすすめします。

倍率は10倍〜15倍程度が目安です。

また、明るさも重要で、対物レンズ有効径が30mm以上のものを選ぶと、薄暗い場所でも野鳥を観察しやすくなります。

  • スターウォッチング

天体観測用の双眼鏡は、明るさが重要です。

対物レンズ有効径が40mm以上のものを選ぶと、星や惑星をより鮮明に観察することができます。

また、倍率は8倍〜10倍程度が目安です。

倍率が高すぎると、視野が狭くなり、星座全体を把握しにくくなるためです。

  • スポーツ観戦

スポーツ観戦用の双眼鏡は、動きの速い選手やボールをしっかりと追いかけるために、倍率が高めのものをおすすめします。

倍率は10倍〜12倍程度が目安です。

また、視野角が広いものも良いでしょう。

  • 旅行

旅行用の双眼鏡は、携帯性と性能のバランスが重要です。

コンパクトで軽量なものを選びつつ、倍率や視野角なども考慮しましょう。

双眼鏡を選ぶ際には、用途に合わせて適切なものを選ぶことが大切です。

倍率や対物レンズ有効径などのスペックだけでなく、重さやサイズなども考慮して、自分に合った双眼鏡を見つけましょう。

倍率で選ぶ

双眼鏡の倍率は、対象物がどれだけ大きく見えるかを示す値です。

倍率が高いほど大きく見えますが、視野が狭くなったり、手ぶれがしやすくなったりなどのデメリットもあります。

【双眼鏡の倍率】

  • 4倍未満

倍率が4倍未満の双眼鏡は、広い視野と明るさが特徴です。

対象物を大きく見ることはできませんが、スポーツ観戦やコンサート観賞、旅行など、広い範囲を見渡したい場合におすすめです。

メリット

  1. 視野が広い
  2. 明るい
  3. 手ぶれしにくい

デメリット

  1. 対象物を大きく見ることができない
  • 4倍〜8倍

倍率が4倍〜8倍の双眼鏡は、バランスの良い性能が特徴です。

対象物を大きく見ることもでき、視野も広いので、さまざまなシーンで活躍します。

メリット

  1. 対象物を大きく見ることができる
  2. 視野が広い
  3. 比較的手頃な価格

デメリット

  1. 手ぶれしやすい
  • 8倍〜12倍

倍率が8倍〜12倍の双眼鏡は、対象物を大きく見るのに適しています。

スポーツ観戦やバードウォッチングなど、動きの速い対象物を観察する場合におすすめです。

メリット

  1. 対象物を大きく見ることができる
  2. 手ぶれしにくい

デメリット

  1. 視野が狭くなる
  2. 重量やサイズが大きくなる
  • 12倍〜16倍以上

倍率が12倍以上の双眼鏡は、対象物を非常に大きく見ることができます。

野鳥観察や天体観測など、遠くの対象物を観察する場合におすすめです。

メリット

  1. 対象物を非常に大きく見ることができる
  2. 手ぶれしにくい

デメリット

  1. 視野が狭くなる
  2. 重量やサイズが大きくなる
  3. 手持ちで使用するのが難しくなる

双眼鏡の倍率を選ぶ際には、用途や好みに合わせて選ぶことが大切です。

  • 広い視野で対象物を広く見たい場合は、倍率が低いものを選びましょう。
  • 対象物を大きく見たいという場合は、倍率が高いものを選びましょう。
  • 手ぶれしにくいものを選びたい場合は、対物レンズ有効径が大きいものを選びましょう。

また、倍率が高くなるほど、重量やサイズが大きくなる点にも注意しましょう。

対物レンズ有効径で選ぶ

双眼鏡の対物レンズ有効径とは、対物レンズの直径を表す値です。

対物レンズ有効径が大きいほど、入ってくる光の量が多くなり、明るく鮮明に見えるようになります。

【代表的な対物レンズ有効径】

  • 18mm未満

対物レンズ有効径が18mm未満の双眼鏡は、コンパクトで軽量なため、持ち運びに便利です。

また、手ぶれしにくいというメリットもあります。

メリット

  1. コンパクトで軽量
  2. 手ぶれしにくい

デメリット

  1. 明るさが不足する
  2. 暗い場所では見えにくい
  • 18mm〜30mm

対物レンズ有効径が18mm〜30mmの双眼鏡は、バランスの良い性能が特徴です。

明るさも十分にあり、さまざまなシーンで活躍します。

メリット

  1. 明るさも十分にある
  2. さまざまなシーンで活躍する

デメリット

  1. やや重くなる
  • 30mm〜40mm

対物レンズ有効径が30mm〜40mmの双眼鏡は、明るさがさらに向上します。

天体観測やバードウォッチングなど、暗い場所での観察におすすめです。

メリット

  1. 明るさがさらに向上する
  2. 天体観測やバードウォッチングに適している

デメリット

  1. 重量やサイズが大きくなる
  • 40mm以上

対物レンズ有効径が40mm以上の双眼鏡は、最も明るく鮮明に見える双眼鏡です。

天体観測や野鳥観察など、暗い場所での観察に最適です。

メリット

  1. 最も明るく鮮明に見える
  2. 天体観測や野鳥観察に最適

デメリット

  1. 重量やサイズが大きく、手持ちで使用するのが難しくなる

双眼鏡の対物レンズ有効径を選ぶ際には、用途や好みに合わせて選ぶことが大切です。

  • 明るく鮮明に見たいのであれば、対物レンズ有効径が大きいものを選びましょう。
  • 持ち運びやすさを重視するのであれば、対物レンズ有効径が小さいものを選びましょう。

また、対物レンズ有効径が大きくなるほど、重量やサイズが大きくなる点にも注意しましょう。

明るさで選ぶ

双眼鏡の明るさは、ひとみ径を2乗した数値で表されます。

ひとみ径とは、対物レンズの直径のことです。

ひとみ径が大きいほど、入ってくる光の量が多くなり、明るく鮮明に見えるようになります。

【代表的な明るさ】

  • 4未満

明るさが4未満の双眼鏡は、明るさが不足するため、暗い場所では見えにくくなります。

しかし、コンパクトで軽量なため、持ち運びに便利です。

  • 4〜9

明るさが4〜9の双眼鏡は、明るさが十分ではないため、暗い場所では見えにくくなることがあります。

しかし、バランスの良い性能が特徴で、さまざまなシーンで活躍します。

  • 9〜14

明るさが9〜14の双眼鏡は、明るさが向上し、暗い場所でも比較的見やすくなります。

しかし、重量やサイズが大きく、手持ちで使用するのが難しくなることがあります。

  • 14〜28以上

明るさが14〜28以上の双眼鏡は、明るく鮮明に見える双眼鏡です。

天体観測や野鳥観察など、暗い場所での観察に最適です。

しかし、重量やサイズが大きく、手持ちで使用するのが難しくなることがあります。

双眼鏡の明るさを選ぶ際には、用途や好みに合わせて選ぶことが大切です。

  • 明るく鮮明に見たいのであれば、明るさが高いものを選びましょう。
  • 持ち運びやすさを重視するのであれば、明るさが低いものを選びましょう。

また、明るさが高いほど、重量やサイズが大きくなる点にも注意しましょう。

  • まとめ

双眼鏡の明るさは、ひとみ径によって決まります。

ひとみ径が大きいほど、明るく鮮明に見えるようになります。

しかし、重量やサイズが大きくなる点にも注意しましょう。

最短合焦点距離で選ぶ

双眼鏡の最短合焦点距離とは、ピントが合う最も近い距離のことです。

最短合焦点距離が短いほど、近くにあるものまで大きく見ることができます。

【主な最短合焦点距離】

  • 2m未満

最短合焦点距離が2m未満の双眼鏡は、近くにあるものを大きく見るのに適しています。

そのため、美術館や博物館での観賞、野鳥観察、昆虫観察などにおすすめです。

メリット

  1. 近くにあるものを大きく見ることができる
  2. 美術館や博物館での観賞、野鳥観察、昆虫観察に適している

デメリット

  1. 重量やサイズが大きくなる
  2. 手ぶれしやすくなる
  • 2m〜5m

最短合焦点距離が2m〜5mの双眼鏡は、バランスの良い性能が特徴です。

さまざまなシーンで活躍します。

メリット

  1. さまざまなシーンで活躍する

デメリット

  1. 特にない
  • 5m〜10m以上

最短合焦点距離が5m〜10m以上の双眼鏡は、遠くのものを大きく見るのに適しています。

そのため、スポーツ観戦やコンサート観賞などにおすすめです。

メリット

  1. 遠くのものを大きく見ることができる
  2. スポーツ観戦やコンサート観賞に適している

デメリット

  1. 近くにあるものを見づらい

双眼鏡の最短合焦点距離を選ぶ際には、用途に合わせて選ぶことが大切です。

  • 近くにあるものを大きく見たい場合は、最短合焦点距離が短いものを選びましょう。
  • 遠くのものを大きく見たい場合は、最短合焦点距離が長いものを選びましょう。

また、最短合焦点距離が短くなるほど、重量やサイズが大きくなる点にも注意しましょう。

  • まとめ

双眼鏡の最短合焦点距離は、ピントが合う最も近い距離を表す数値です。近くにあるものを大きく見たい場合は、最短合焦点距離が短いものを選びましょう。遠くのものを大きく見たい場合は、最短合焦点距離が長いものを選びましょう。

アイレリーフで選ぶ

アイレリーフとは、双眼鏡の接眼レンズからひとみができる位置までの距離のことです。

アイレリーフが長いほど、眼鏡をかけたままでもケラレのない視野を得ることができます。

【代表的なアイレリーフ】

  • 10mm未満

アイレリーフが10mm未満の双眼鏡は、アイポイントが短いため、眼鏡をかけたままではケラレが発生しやすくなります。

そのため、眼鏡をかけている人には不向きです。

  • 10mm〜15mm

アイレリーフが10mm〜15mmの双眼鏡は、アイポイントがやや短いため、眼鏡をかけたままでもケラレが発生する可能性があります。

しかし、眼鏡をかけている人でも使用できる場合もあります。

  • 15mm〜20mm以上

アイレリーフが15mm以上の双眼鏡は、アイポイントが長いため、眼鏡をかけたままでもケラレが発生しにくいです。

そのため、眼鏡をかけている人におすすめです。

アイレリーフを選ぶ際には、眼鏡の使用有無に合わせて選ぶことが大切です。

  • 眼鏡をかけている人は、アイレリーフが15mm以上のものを選びましょう。
  • 眼鏡をかけていない人は、アイレリーフが10mm〜20mmのものを選びましょう。
  • まとめ

アイレリーフは、双眼鏡をのぞいたときに、視野全体を見られるかどうかを左右する重要な要素です。眼鏡をかけている人は、アイレリーフが15mm以上のものを選ぶと、ケラレが発生しにくく、快適に使用できます。

防水性能で選ぶ

双眼鏡の防水性能とは、雨や水しぶきなどの水から守る性能のことです。

防水性能は、JIS保護等級(JIS C 6805)で表されます。

  • JIS保護等級の目安

JIS保護等級は、1から8までの等級があり、等級が上がるほど防水性能が高くなります。

等級耐水性能の目安
1水滴がかかる程度
2水滴がかかる程度で、水が浸入しにくい
3水の飛沫がかかる程度で、水が浸入しにくい
4水の飛沫がかかる程度で、水が浸入しにくいが、短時間の浸水に耐える
5水の飛沫がかかる程度で、水が浸入しにくいが、30分以内の浸水に耐える
6水の飛沫がかかる程度で、水が浸入しにくいが、30分以内の浸水に耐える。さらに、水の浸入による故障がない
7一定の水圧に耐える
8一定の水圧に耐える。さらに、水の浸入による故障がない
  • まるごと水洗いできる

JIS保護等級7以上の双眼鏡は、一定の水圧に耐えるため、まるごと水洗いすることができます。

ただし、水洗い後は、十分に乾燥させてから使用するようにしましょう。

  • まとめ

双眼鏡の防水性能は、JIS保護等級で表されます。等級が上がるほど防水性能が高くなります。

水に濡れる可能性がある場合は、JIS保護等級6以上の双眼鏡がおすすめです。

マルチコートで選ぶ

マルチコートとは?

双眼鏡のマルチコートとは、レンズやプリズムに施されている光の透過損失を少なくするための多層コーティングのことです。

マルチコートを施すことで、光の透過率が向上し、明るく鮮明な視界を得ることができます。

メリット

  • 明るさ向上
  • コントラスト向上
  • 色再現性向上

デメリット

コストが高くなる

【マルチコートの種類】

マルチコートには、以下の種類があります。

  • 単層コート
  • ダブルコート
  • マルチコート

単層コートは、1層のコーティングを施したものです。ダブルコートは、2層のコーティングを施したものです。マルチコートは、複数層のコーティングを施したものです。

マルチコートは、コーティングの層数が多いほど、光の透過率が向上します。そのため、明るく鮮明な視界を得たい場合は、マルチコートが施された双眼鏡がおすすめです。

  • まとめ

双眼鏡のマルチコートは、光の透過損失を少なくするためのコーティングです。

マルチコートを施すことで、明るく鮮明な視界を得ることができます。

手ぶれ補正で選ぶ

双眼鏡の手ぶれ補正とは、手ブレを補正する機構のことです。

手ブレを補正することで、手持ちでも安定した視野を得ることができます。

【手ぶれ補正の仕組み】

手ぶれ補正には、以下の2つの方法があります。

  • 光軸を揺らす
  • 振動を吸収する

光軸を揺らす方法では、双眼鏡の内部に振動子やモーターを搭載し、光軸を揺らすことで、手ブレによる視界のブレを打ち消します。

振動を吸収する方法では、双眼鏡の内部にダンパーやバネなどを搭載し、手ブレによる振動を吸収することで、視界のブレを抑えます。

手ぶれ補正のメリット

手ぶれ補正には、以下のメリットがあります。

  • 高倍率でも安定した視野を得ることができる
  • 細かい部分まで観察しやすくなる
  • 暗い場所でも見えやすくなる
  • 乗り物から眺める場合でも安定して観察できる

手ぶれ補正のデメリット

手ぶれ補正には、以下のデメリットがあります。

  • コストが高くなる
  • 電池が必要になる
  • 重量やサイズが大きくなる
  • まとめ

双眼鏡の手ぶれ補正は、手持ちで安定した視野を得たい場合におすすめです。高倍率の双眼鏡や、細かい部分まで観察したい場合、暗い場所での観察、乗り物から眺める場合などに効果的です。

三脚対応で選ぶ

双眼鏡の三脚対応とは、三脚に取り付けられるかどうかのことです。

三脚に取り付けることで、手持ちで使用するよりも安定した視野を得ることができます。

三脚対応のメリット

三脚対応のメリットは、以下のとおりです。

  • 手ブレを抑えることができる
  • 長時間の観察でも疲れにくい
  • 高倍率でも安定して観察できる

三脚対応のデメリット

三脚対応のデメリットは、以下のとおりです。

  • 重量やサイズが大きくなる
  • 三脚が必要になる
  • 別売のホルダーによる三脚対応

一部の双眼鏡は、別売のホルダーを取り付けることで、三脚に取り付けることができます。

ホルダーを取り付けることで、三脚対応の双眼鏡と同様のメリットを得ることができます。

  • まとめ

双眼鏡の三脚対応は、手持ちで使用するよりも安定した視野を得たい場合におすすめです。

特に、高倍率の双眼鏡や、長時間の観察、三脚をすでに持っている場合に効果的です。

最後に

双眼鏡は、野鳥観察やスポーツ観戦、コンサート観賞など、さまざまなシーンで活躍する便利なアイテムです。

しかし、双眼鏡にはさまざまな種類があり、どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

双眼鏡選びのポイントを簡単に説明すると、以下の通りです。

【双眼鏡選びのポイント】

倍率と対物レンズ径のバランス

倍率と対物レンズ径のバランスは、双眼鏡の性能を左右する重要なポイントです。

倍率が高いほど遠くのものを大きく見ることができますが、手ブレや揺れの影響を受けやすくなり、視界が暗くなるというデメリットもあります。

対物レンズ径が大きいほど明るい視界が得られますが、双眼鏡本体が大きく重くなるというデメリットもあります。

自分の用途に合ったモデルを選ぶ

自分の用途に合ったモデルを選ぶためには、自分が双眼鏡をどのように使いたいのかを明確にすることが大切です。

野鳥観察やスポーツ観戦など、遠くのものを大きく見たい場合は、倍率の高いモデルがおすすめです。

キャンプやハイキングなど、手ブレや揺れが気になる場合は、倍率が低めのモデルがおすすめです。

実際に手に取ってみて、使いやすいものを選ぶ

また、双眼鏡は実際に手に取ってみて、使いやすいかどうかを確認することも大切です。

目当てのモデルが見つかったら、ぜひ実店舗で試してみてください。

花子さん<br>
花子さん

軽量コンパクトな双眼鏡が見つかったわ!

太郎さん
太郎さん

アウトドアで使いやすい双眼鏡が見つかったよ!

本ブログでは、双眼鏡の選び方をわかりやすく解説しました。

初心者の方でも、ぜひ参考にしてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました